なぜ、無駄吠えばかりしていた愛犬が、ワンブルを使うと、面倒な手間をかけることなく、簡単におとなしくなったのか?

犬のしつけ 具体策

飼い主はリーダー

まず犬しつけを行う基本として飼い主はリーダーであるということを明確にする必要があります。

犬の祖先のオオカミは一頭のリーダーを中心に群れで行動し、リーダーのいう事は絶対服従という習性がありました。

その習性を受け継いだ犬は飼い主をリーダーと認識すると自然と飼い主のいう事を聞くようになります。

こうなるとしつけも飼い主に歯向かうことなくスムーズに行えます。

いい事、悪いことを明確にする

誰でも自分の愛犬はかわいいものです。
特に子犬のうちはご飯や散歩などのつい甘やかしてしまう方も多いかと思います。

ですが、それでは愛犬がいい事と悪い事の区別をつけることが難しくなります。

例えば愛犬と遊んでいる最中に愛犬が甘噛みをしたとしてもそこはしっかり止めさせる必要があります。

例え甘噛みでも噛むことはダメな事と認識できるようにする必要があります。

逆に、いいことをした場合は必ず褒めてあげましょう。

飼い主の一言で吠えるのをやめた場合などは、褒めてあげればこれはいい事だと愛犬が認識できます。

可愛いらしく、つい許してしまうこともありますが、そこは我慢して飼い主が一貫した
態度を取るようにしましょう。

いう事を聞いた場合は必ず褒める

犬しつけに対して、しっかり愛犬がいう事を聞いた場合は必ず
褒めてあげる必要があります。

いう事を聞いて褒められれば、初めてそこで愛犬がしつけに対して理解できる様になります。

この行動は褒められるからいいことだということを愛犬が理解できれば、そこで初めてしつけが
できたという事になります。

犬しつけは根気良さが必要

犬しつけにおいて、一番肝心なことが飼い主の根気良さです。

犬しつけにはある程度回数を重ねなければ愛犬も覚えることが難しいのですが、ここれ飼い主が先に脱落しては、
いつまでたっても犬しつけをすることはできません。

同じことを何度も根気よく行うことで、自然と愛犬もできなかったことが
できるようになってきます。

愛犬も集中力が必要ですが、飼い主も集中力が必要です。

怒るのではなく叱る

犬しつけは怒るといった事は厳禁です。
多くの飼い主さんが勘違いしているようですが、怒ることと叱ることでは意味が変わってきます。

怒るということは自然と感情が入ってきます。そうなると、愛犬も良し悪しがわからなくなるといったことになりかねません。

愛犬が悪いことをした場合は、感情を抑えて叱るということを意識することが必要です。

April 9, 2012

このページの先頭へ