なぜ、無駄吠えばかりしていた愛犬が、ワンブルを使うと、面倒な手間をかけることなく、簡単におとなしくなったのか?

犬のしつけの方法

犬を飼い始めれば、まず必要になるのが犬しつけです。
犬しつけには様々な方法がありますが、しつける際には様々な方法の中でも
共通のポイントがあります。

その共通のポイントとは犬しつけをする際、飼い主の感情や
都合だけで犬しつけを行うのではなく、犬の気持ちを理解した上での犬しつけを
行うということです。

現在、愛犬がいる方は、愛犬の問題行動に頭を悩ませている方も多いと思いますが、
その愛犬の問題行動の裏には必ず愛犬の考えや気持ちが隠れています。

愛犬の問題行動をしつける際には、飼い主がしっかり愛犬の考えや気持ちを理解して
あげることがとても大切です。

これは問題行動をしつける以外のことでも言えることです。

例えば、おすわりやお手を教えるにしても、覚えが悪いと感情的に怒る飼い主さんがいらっしゃいますが、
ここで感情的になってもそれがきっかけで覚えるようなことにはなりません。

犬しつけは怒ると言った行動は厳禁です。

感情をださず根気強く行うことがとても重要です。

人間にも気持ちがあるように犬にも気持ちがあります。
言葉を持たない犬は吠えることや行動によってその気持ちを表しています。

犬しつけを行う際は愛犬の気持ちを考えながら、いろいろな事を教えていくよう心がけましょう。

愛犬と仲よく暮らすためには飼い主がしっかりしつけをしなければいけません。

犬しつけがしっかりできていなければそれが原因で様々な
トラブルもとになります。

これらのことにならないように早めにしつけることをすれば
それが愛犬のためにも飼い主のためにもなるのです。

愛犬は一生を預かったパートナーです。
そのパートナーが安全に、快適に暮らせるように、
飼い主がしっかりとしつけを行うことが重要です。

April 9, 2012

このページの先頭へ