なぜ、無駄吠えばかりしていた愛犬が、ワンブルを使うと、面倒な手間をかけることなく、簡単におとなしくなったのか?

犬のしつけとは

犬しつけとは愛犬と飼い主が共存する上でとても大事なことです。

人間には社会のルールがありますが、犬にとっては人間社会のルールなど
関係ありません。

犬の祖先はオオカミですが、犬もオオカミ同様に元々は自然の中で暮らしてきました。
現代の犬の存在からは想像がつかないですが、その本能と習性は今も犬の中で受け継がれています。

もともとは自然で暮らしていた犬たちにとって吠えることや、
噛みつくこと、自由な場所にトイレをすることなどはごく自然なことです。

ですが、この自然なことを人間社会で行っていてはとても人間と共存は
できません。

そうなると、愛犬を人間と共存させるためには人間社会のルールを
教える必要があります。

吠えることへのしつけや、噛みつくことにたいしてのしつけ。
これらのルールを教えれば飼い主と愛犬が楽しく暮らすことができるようになります。

愛犬がきちんとしつけられていれば、どんな場面でも愛犬が飼い主の言う事を聞き、
周囲に迷惑をかけることもありません。

そのことは愛犬の安全を守ることにもつながります。

犬しつけとは自然の本能と習性を持ち合わせた愛犬を人間社会の中で
生活させるためのルールを教えるということです。

犬しつけは飼い主や愛犬、周囲の方の安全を守るためにも
きちんと行う必要があります。

これらは犬を飼う上で飼い主が怠ってはいけない義務とも言えます。
愛犬をしつけることだけではなく、飼い主も犬を飼う上でのマナーやルールを身に付ける必要があります。

また、犬しつけを行う際に飼い主が注意しなければならない点があります。
それは怒ることとしつけとは違うという事です。

愛犬に怒る様なしつけ方法をしていては、愛犬が怯えるようになり
主従関係ができたとしても、愛犬との間に信頼関係は生まれません。

犬は学習能力がとても高く、何度も教えれば怒る様なことをしなくても
すぐに学習してくれます。

しっかりと愛情を持ち、ほめるしつけを行うことがとても重要です。

April 9, 2012

このページの先頭へ