なぜ、無駄吠えばかりしていた愛犬が、ワンブルを使うと、面倒な手間をかけることなく、簡単におとなしくなったのか?

犬しつけにお困りの方

子犬のころに飼いはじめた愛犬は、体が小さい分
吠え声も大きくないので、ある程度飼い主も周囲の人たちも
我慢できてしまいますよね。

実際に子犬がワンワン吠えても怒り狂ったように怒る人はいないですよね。

でも、愛犬もだんだん大きくなるにつれ吠え声も大きくなり
自分も我慢できなくなるし、近所も人からも苦情が来るようになります。

吠え癖をつけさせないためのは子犬の時からのしっかりとしたしつけが必要になります。

子犬のころに吠えても怒られない、それどころか吠えれば
誰かがかまってくれると思うようになったらその愛犬は中々成犬に
なっても吠え癖がなおらないようになってしまいます。

一度ついてしまった吠え癖は中々なおりません。

ですので子犬のうちから吠えたり、鳴いたりしたときにかまってあげていては
あとあと面倒なことになります。

子犬にかまってあげたい飼い主の気持ちは分かりますが、そこは我慢をして
ぐっとこらえることも大切です。

Tags

March 26, 2012 | Comments Closed |

Category:犬しつけにお困りの方

このページの先頭へ